記事一覧

薬味まで丁寧に外国語表示されているレストラン

レストランでの使用食材の表示はあるところ、ないところ、日本語のみから外国語表示、イラスト付きなど様々です。   料理の表示はしてあるところでも、意外と盲点なのが「ドレッシングや薬味」など。 しかし、このある北海道のホテルでは、薬味の一つ一つまで丁寧に表示がしてありました。      バイキング...

続きを読む

ホテルの朝食会場での効率のいいシステム

ホテルの朝食会場のシステムはいろんなやり方があり、   ➀グループごとにスタッフが個別にテーブルの案内をするところ ②個別の案内はなく、入り口で食券を渡し(ない場合もあり)、席も自由なところ   などいろいろです。   その中で一番効率がいいと思うのは、写真のような「食事中」「食事済」のカードを使うやり方です。    ...

続きを読む

あるホテルのわかりやすいコーヒーメーカー

ホテルやレストラン、高速のサービスエリアなどで飲み物の機械や自動販売機を見ることがよくありますが、日本語のみの表示だと外国人にはわからないということが多いです。    これはあるホテルのコーヒーメーカーですが、英語表示の他に絵もあって、とてもわかりやすいと思います。  ...

続きを読む

「生ものは食べられない」というリクエストの意味

お客様から「生もの(raw food)は食べられない」というリクエストをいただくことがあります。 多くの場合は、和食でよく出る「刺し身(raw fish)が食べられない」という意味になります。   そして、刺し身の代わりによく出されるのが、「こんにゃくの刺し身」。    こんにゃくの刺し身の例:このレストランと本文の内...

続きを読む

ホテルでのわかりやすい食材の表示

某ホテルの朝食バイキングで、とてもわかりやすい食材表示を見つけました。 私がこれまで知る限りでは、これはベストのひとつだと思います。      いいと思う点はいくつかあります。   ①「ご飯にかけて食べるもの」という説明が外国語(この場合英語)で書かれている。 ②食材がわかりやすく絵で表示されて...

続きを読む

プロフィール

英語通訳案内士・篠山美智子

Author:英語通訳案内士・篠山美智子
英語通訳案内士。オーストラリア留学後、前職(日本語教育関係)でインドネシアとマレーシアに計8年滞在。2009年より通訳案内士専業。日本及び海外旅行会社の団体ツアー、個人旅行客(FIT)、企業のインセンティブ・ツアー、政府関係のプロジェクト等に就業。北海道から九州まで日本全国を周る。

ご訪問ありがとうございます!