記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

ラマダン中のジャカルタ (ラマダン:イスラム教の断食期間)

※この記事は2014年7月に投稿したものです。ラマダン中、そして大統領選挙期間中でもある今月、ジャカルタに行ってきました。(ラマダン:イスラム教の断食期間)    ジャカルタ市内の夕方の渋滞   ここ数年車の数が増え続ける一方のジャカルタは、道路の渋滞が益々ひどくなっていました。私が住んでいた頃も渋滞はあっ...

続きを読む

インドネシアとマレーシアの違い:ラマダンの場合

ちょうど「ラマダン(イスラム教の断食月)」の時期なので、以前インドネシアとマレーシアの違いを感じた出来事を書いておきたいと思います。   インドネシアとマレーシアは文化的、民族的には近い関係にありますが、国民性はかなり違う気がします。   私はインドネシアに住んだ後、マレーシアに滞在しました。 インドネシアといっても、滞在したジャカルタ、バリ、マナド(スラウェシ)のうち、ジャワ島にあ...

続きを読む

「インドネシア人=イスラム教徒」とは限らない

ある旅行会社が、「インドネシア人の団体ツアー」ということで「全員豚肉なし」の手配を、ツアー中食事をする予定の全レストランにしたところ、来日してみると全員中華系。豚肉はもちろんOKで、逆に 「豚肉なし?どうして?豚肉が食べたいんだけど。」 ということになり、急きょ逆リクエスト、つまり「豚肉料理を入れてほしい」に変更するということがありました。 これは一例ですが、似たようなことがよく現場で起こって...

続きを読む

発車のベルが1回の日本と、3回鳴るインドネシア

インドネシアのジョグジャカルタからソロへ行く電車に乗った時のことです。まだ発車の3分以上前なのに、ベルが鳴りました。日本でも、定刻に出ることはあっても「早く出る」ということはないのに、すごい!と思っていたのですが...。ベルが鳴り終わっても、電車の扉が閉まる気配はありません。そのうち、またベルが鳴りました。あれ?と思っていると、また鳴り終わっても扉が閉まる気配はありません。そして、3回目のベルが鳴りま...

続きを読む

仲見世に3時間滞在

インドネシアのお客様を浅草の浅草寺にお連れしました。 10時過ぎに到着。まずは何か食べたいと言うことで、雷門近くのお店で食事をしました。 その後、雷門で写真を撮った後、仲見世へ。 提灯の大きさにも驚かれていましたが、仲見世に入ると表情が変わりました。 「わあ、これはいい!」    仲見世を通るとなかなか前へ...

続きを読む

プロフィール

英語通訳案内士・篠山美智子

Author:英語通訳案内士・篠山美智子
英語通訳案内士。オーストラリア留学後、前職(日本語教育関係)でインドネシアとマレーシアに計8年滞在。2009年より通訳案内士専業。日本及び海外旅行会社の団体ツアー、個人旅行客(FIT)、企業のインセンティブ・ツアー、政府関係のプロジェクト等に就業。北海道から九州まで日本全国を周る。

ご訪問ありがとうございます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。