記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ベジタリアン」と「HALAL」は同じではない -インドでのメニュー表示-

インドの国内線の飛行機の中に、機内食(オプション)のメニューがありました。

インドでは、常に「ベジタリアン(ベジ)」「ノン・ベジタリアン(ノン・ベジ)」が分けられていることについては以前も書きました。

 インドの「ベジ・マーク」と「ノンベジ・マーク」
 
 インドのベジタリアン・ハンバーガー



今回見たのは、「ベジタリアン」「ノン・ベジタリアン」と併せて

「イスラム教徒向けの食事(HALAL)」

の表示もされていたものです。


ベジ2 


ピクトグラムを使って、わかりやすい表示がされています。


ベジ1 


日本でよくあるのは、イスラム教徒は「豚肉を食べない」ため、

「じゃあ肉を抜いてベジタリアン・メニューで対応します。」

と言われることです。



ベジタリアンに対応しているのはまだいいのですが、しかし、

イスラム教徒=ベジタリアン

ではありません。

当たり前ですが、実際には結構一緒くたに対応されています。

イスラム教徒は、豚肉は食べないけど鶏肉や牛肉、魚などは食べるわけです。
(処理の仕方にまでこだわるかどうかなどは個人によります。)


ですので、イスラム教徒の方に

「店ではベジタリアン対応しかできないので、それでいいですか?」

と聞くと、当然ながら、

「私はベジタリアンではない。豚肉は食べないけど他の肉は大丈夫だから。」

などの返事がかえってくるわけです。



この3つの表示で全てのリクエストに対応できるわけではありませんが、

少なくとも「イスラム教徒向け」「ベジタリアン」が分けられているという点で、

わかりやすい一例ではあるかと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

英語通訳案内士・篠山美智子

Author:英語通訳案内士・篠山美智子
英語通訳案内士。オーストラリア留学後、前職(日本語教育関係)でインドネシアとマレーシアに計8年滞在。2009年より通訳案内士専業。日本及び海外旅行会社の団体ツアー、個人旅行客(FIT)、企業のインセンティブ・ツアー、政府関係のプロジェクト等に就業。北海道から九州まで日本全国を周る。

ご訪問ありがとうございます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。