記事一覧

バスのドライバーさんの気遣い


これは、ある東北のドライバーさんの「手作り」の足台です。


bus5 


お客様が足をかけた時に滑らないように、上に「滑り止めマット」が貼ってあります!

また、土がつくようなところでは、バスに乗る前に落とすこともできます。
雪の時にも使えますね。


また冬の北海道のツアーなどでは、雪が降ったり、溶けたり、凍ったりで足元が滑って危ないので、とても気を遣います。

それで、時々バスのドライバーさんが、気を利かせて足台タオルを置いてくれます。


bus1 



お客様が台に足をかけた時にも滑らないように、上に布などを張ったり工夫しているものもあります。


bus2 


毎回降りる度、乗る度に台を置くのは、ドライバーさんにとっては手間のかかることです。

ですが、バスの入り口の段差というのは案外高さがあって、
お客様にとっては乗り降りが結構負担になります。


雪がない時でさえ、降りる時にバランスを崩す方、こける方などいたりします。

雪があればなおさら危ないです。


ですので、ちょっとした配慮がとても助かるのです。


bus3 


全国のドライバーさん、いつもありがとうございます!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

英語通訳案内士・篠山美智子

Author:英語通訳案内士・篠山美智子
英語通訳案内士。オーストラリア留学後、前職(日本語教育関係)でインドネシアとマレーシアに計8年滞在。2009年より通訳案内士専業。日本及び海外旅行会社の団体ツアー、個人旅行客(FIT)、企業のインセンティブ・ツアー、政府関係のプロジェクト等に就業。北海道から九州まで日本全国を周る。

ご訪問ありがとうございます!