記事一覧

「お客様の心理」を読むこと

あるインドネシア人のインセンティブ・ツアー(企業の報奨旅行)の仕事をさせていただきました。


インセンティブ・ツアーの場合、夫婦で招待されることも多いですが、


今回は多くが「本人のみ」で、つまり「男性の一人参加」でした。

 



皆様観光もさることながら、買い物にも熱心でした。


では、どんなものが人気だったかというと、ひとつは「いろんな形をした消しゴム」です。




消しゴム 



 

また、「着物」も人気でした。




着物 

 

 


そう、参加者は男性ですが、買う物は「家族つまり奥さんや子供へのお土産」なわけです。


 

一般に男性はそんなに買い物には興味を示さない方が多いです。


ですが、だからといって買い物をしないかというとそんなことはなく、


奥様や子供に「○○を買ってきて」といろいろ頼まれているわけです。



ですので、着物や化粧品、おもちゃなどを売っている店に行きたいというリクエストが多いですし、「女性の好みがわからない」ということでガイドにアドバイスを求められることも多いです。

 

「お客様が男性だからといって男性用の物を買いたいとは限らない」という、お客様の心理を読むことが必要だと感じます。




※この記事は、「やまとごころブログ」の中の筆者ブログ「英語、ときどきインドネシア語」にも掲載されたものです。

(掲載期間2012年10月~2016年5月) http://www.yamatogokoro.jp/sasayama/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

英語通訳案内士・篠山美智子

Author:英語通訳案内士・篠山美智子
英語通訳案内士。オーストラリア留学後、前職(日本語教育関係)でインドネシアとマレーシアに計8年滞在。2009年より通訳案内士専業。日本及び海外旅行会社の団体ツアー、個人旅行客(FIT)、企業のインセンティブ・ツアー、政府関係のプロジェクト等に就業。北海道から九州まで日本全国を周る。

ご訪問ありがとうございます!