記事一覧

「ベッドのサイズが小さい」というクレーム

インドネシア人ツアーの際に、


ダブルベッドの部屋をリクエストしたのに、シングルサイズのベッドになっている。


というクレームを受けたことがあります。


あるいは、


ベッドが小さすぎる。これならツインの方がいいので部屋を変えてほしい。


ということもありました。


 

こういうクレームはなぜ起こるのでしょうか?




ベッド 

 



これは、最近ジャカルタに行ったときに泊まったホテルの部屋です。

 

 

このホテルはAgoda.comでは4つ星、Trip Advisorでは3.5に格付けされています。


料金はシングルで約1万円ですが、ベッドはキングサイズです。


ちなみに、このホテルではこのサイズが最小です。

 

他にもここ2年ぐらいにいくつかジャカルタのホテルに泊まりましたが、いずれも4つ星で、ベッドキングサイズでした。

 


ベッドのサイズは、国によっても、またメーカーによっても違うのですが、インドネシアの場合は、3つ星以上のホテルであればほとんどの場合キングサイズ小さくてもクイーンサイズ、という感じです。


1つ星や2つ星(幅はありますが、日本でいうビジネスホテル相当)でも、小さくてクイーンサイズという感じです。

 

ここでいう「クイーンサイズ」とは約160cmのサイズです。


また「キングサイズ」は、180から200cmです。


参考:http://bedmakes.com/size.htm

 



ここでポイントになるのは、日本では


クイーンサイズより小さいサイズのダブルがある


ということです。


日本では、140cmぐらいでも「ダブル」と言います。


セミダブル(大きめのシングル)120cmですから、140cmはかなり小さめです。


ましてや200cmのキングサイズと比べると差は歴然です。

 


Trip Advisorの格付けによると、日本で4つ星以上のホテルはキングサイズが多く、小さくてもクイーンサイズといった感じですが、3つ星以下になるとクイーンサイズより小さい「ダブル」や、ビジネスホテルでは「セミダブル」を「ダブル」と言っているホテルもあるようです。


(実際クレームが出たホテルのひとつはそうでした。)

 

日本にツアーで来られる方は、インドネシアでは4つ星以上のホテルに泊まる方が大半だと思いますが、日本では物価の違いから3つ星クラスになる場合もあります。

 



厳密に調べるには細かくサイズなどを検証する必要がありますが、少なくとも日本のホテルは相対的に


ベッドが小さい


とお客様に感じられるということは言えるかと思います。

 


また、ベッドが小さいだけでなく、


部屋が小さい


というのも原因かと思います。


日本のホテルでは、特に都会では「スーツケースを広げるスペースがない」ということがよくありますが、インドネシアではまずそういうことはありません。


田舎の安ホテルや、バスタブがついていないホテルであっても、スペースだけはそれなりにあるのが普通です。

 


ではどうすればいいのでしょうか。


土地が高く限られる日本では、「広さ」で同じように満足していただくのは難しいですね。


とすると、それ以外の要素で補うしかないのではないでしょうか。

 


あえて答えは申し上げませんし、決まった答えがあるわけでもありません。


通訳ガイドとしては、できるだけ事前に日本での事情を説明したり、他のサービスで満足していただけることを考える必要があると思います。

 

個々の現場でも、それぞれにどう工夫できるか考えてみてはいかがでしょうか。



トータルとして、「日本での滞在」に満足いただければ何よりだと思います。




※この記事は、「やまとごころブログ」の中の筆者ブログ「英語、ときどきインドネシア語」にも掲載されたものです。

(掲載期間2012年10月~2016年5月) http://www.yamatogokoro.jp/sasayama/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

英語通訳案内士・篠山美智子

Author:英語通訳案内士・篠山美智子
英語通訳案内士。オーストラリア留学後、前職(日本語教育関係)でインドネシアとマレーシアに計8年滞在。2009年より通訳案内士専業。日本及び海外旅行会社の団体ツアー、個人旅行客(FIT)、企業のインセンティブ・ツアー、政府関係のプロジェクト等に就業。北海道から九州まで日本全国を周る。

ご訪問ありがとうございます!