記事一覧

通訳案内士として6年目を迎えるにあたって

※この記事は、2014年1月に書いたものです。


最近何度か、初めてお会いする方に


ブログを見ました


と言っていただきました。


とても嬉しく思うと同時に、自分がそのように言われるということが照れくさく、また不思議な、何とも感慨深い思いで胸がいっぱいになります。

 


というのは、私自身が通訳案内士試験の勉強を始めたころに、とても限られた「通訳ガイドの現場を知る機会」として、この「やまとごころ」さんのブログを見ていたので、その頃のことを思い出すのです。

 

通訳ガイドの現場がどういうものかまだ知らない時に、現場の出来事について書かれたブログ記事を読み写真を見るのは本当に新鮮で、先の見えない受験勉強の中で「私も早く合格して通訳ガイドとして仕事をするぞ!」という動機づけにもなっていました。

 

また、距離にかかわらずリアルな情報を提供できるインターネットの便利さや効果を強く感じ、


通訳ガイドになったら、いつか自分のホームページやブログを作ろう」


と、漠然と、しかし強く思っていました。

 


漠然と思っていたことが、今現実となっています。


 

そう考えると、今私がこのブログで書いている記事を見てくださっている方々の中には、通訳案内士試験を目指して勉強している方もいらっしゃるかもしれません。


そう思うと、プレッシャーを感じるとともに、逆に私自身の励みにもなっています。

 

また、実際通訳案内士になってからも、「現場の声を伝える機会」は少ないと感じていますので、せっかくいただいたこの機会を通じて「現場の通訳案内士の声を業界の方々及び一般の方々に伝えたい」という使命感は強く感じています。


 

遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。



新年あいさつ 



※この記事は、「やまとごころブログ」の中の筆者ブログ「英語、ときどきインドネシア語」にも掲載されたものです。

(掲載期間2012年10月~2016年5月) http://www.yamatogokoro.jp/sasayama/

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

英語通訳案内士・篠山美智子

Author:英語通訳案内士・篠山美智子
英語通訳案内士。オーストラリア留学後、前職(日本語教育関係)でインドネシアとマレーシアに計8年滞在。2009年より通訳案内士専業。日本及び海外旅行会社の団体ツアー、個人旅行客(FIT)、企業のインセンティブ・ツアー、政府関係のプロジェクト等に就業。北海道から九州まで日本全国を周る。

ご訪問ありがとうございます!