記事一覧

食品の原材料表示:「かりんとう」に豚肉??

スーパーの買い物を手伝って気づいたのですが、「原材料の表示」がほとんど全て日本語のみで、これは外国人にはお手上げです。


例えばインスタントラーメン。写真には「野菜」しかないので、イスラム教徒の方が自信満々に持ってきて、

「これは豚肉入ってないよね?」

と。


でも、見たら「ポークエキス」としっかり書かれている。


チキン」や「ビーフ」のエキスもあって、ベジタリアンにもだめです。
 


次に「かりんとう」を持ってきて「これは豚肉入ってる?」いや、かりんとうに豚肉は使わないでしょうけれど...、と思いましたが、念のためチェック。


これはさすがにOKでした。


でも、外国人には黒い「かりんとう」は甘いのやら辛いのやらサッパリわからないわけですね。


インドネシアには、動物の内臓を揚げたせんべいのようなお菓子もありますので、それに似たものと思ったかもしれません。


全ての食品に外国語表示をするのは難しいかもしれませんが、将来的に例えば、豚、牛、鶏、魚、エビなどを使用しているものには簡単な見てわかるマークを表示するとかだけでも、随分と外国人やアレルギーの人には助かるのではないでしょうか。



食品表示 

例:これは明太子味のポテトチップスだが、鶏肉、豚肉成分が入っているもの。



※この記事は、「やまとごころブログ」の中の筆者ブログ「英語、ときどきインドネシア語」にも掲載されたものです。

(掲載期間2012年10月~2016年5月) http://www.yamatogokoro.jp/sasayama/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

英語通訳案内士・篠山美智子

Author:英語通訳案内士・篠山美智子
英語通訳案内士。オーストラリア留学後、前職(日本語教育関係)でインドネシアとマレーシアに計8年滞在。2009年より通訳案内士専業。日本及び海外旅行会社の団体ツアー、個人旅行客(FIT)、企業のインセンティブ・ツアー、政府関係のプロジェクト等に就業。北海道から九州まで日本全国を周る。

ご訪問ありがとうございます!