記事一覧

「一味」と「サンバル(sambal)」

インドネシアのお客様は、日本で食事の時に必ず「チリソースがほしい」というリクエストがあります。


ここでいう「チリソース」とは、「サンバルsambal)」のことで、インドネシアのレストランには必ず置いてあります。


生のトウガラシ、ニンニク、紫玉ねぎ(bawang merah)、トマト、エビペーストなどを炒め煮したものです。

ソースとして使われることもありますが、インドネシア人にとっては「サンバルがあればご飯が食べられる」というぐらい、むしろ「おかず」に近いとも言え、食卓に欠かせないものです。

 

サンバル1 


日本人にとっての「しょうゆ」あるいは「みそ汁と漬物」みたいな位置づけでしょうか。


揚げ物や天ぷらなども、日本ではソースや天つゆ、塩などを使いますが、やはり辛くないのでチリソースがほしいようです。


タイのチリソースが置いてあることがたまにありますが、甘いのでインドネシアのサンバルとはかなり違います。



もちろん通訳ガイドとして、日本料理は日本料理の食べ方、またそのよさをご説明はしています。「素材の味を活かす」ということも。


しかし、日本人も外国の食べ物を日本人向けにアレンジしてきたように、それぞれの国の方が日本料理をそれぞれの食べ方で、とにかく「楽しんで」いただければそれが一番ではないかとも思います。


日本ではサンバルは置いていないので、代わりに「一味」なければ「七味」をいただくことが多いです。

しかし、日本の「一味」は非常にマイルドであまり辛くはないため(もちろんないよりはいいですが)、物足りなさが残ってしまいます。


時々、白いご飯の一面に一味がかかっているのを見てビックリしてしまいますが、それぐらい辛くしたい方もいます。


レストランで「一味をください。」と言うと、しょうゆ皿みたいなものに小さじ数杯程度で出てくることがありますが、それでは全然足りなくて恐縮してしまいます。


店に全くない場合は、そのまま召し上がってもらうしかないのですが、物足りなさはどうしようもなく、やはり満足度が下がってしまいます。


サンバルを持参される方も多いです。自家製のものをビンに詰めてくる方もいます。

 

サンバル5


市販のものを持ってくる方もいます。

 

サンバル2 


また最近は、個別包装になったサンバルを持って来られる方もいます。持ち運びやすいので便利です。


サンバル3 

 

私もツアー中いただいて食べたのですが、中には純和食なのにビックリするぐらいサンバルと合う料理もあって、思わぬ発見がありました。


まだチリソースやサンバルを常備しているレストランはほとんど見たことがありませんが、あれば必ず外国人に喜ばれると思います。


サンバル4 


※この記事は、「やまとごころブログ」の中の筆者ブログ「英語、ときどきインドネシア語」にも掲載されたものです。

(掲載期間2012年10月~2016年5月) http://www.yamatogokoro.jp/sasayama/


 


 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

英語通訳案内士・篠山美智子

Author:英語通訳案内士・篠山美智子
英語通訳案内士。オーストラリア留学後、前職(日本語教育関係)でインドネシアとマレーシアに計8年滞在。2009年より通訳案内士専業。日本及び海外旅行会社の団体ツアー、個人旅行客(FIT)、企業のインセンティブ・ツアー、政府関係のプロジェクト等に就業。北海道から九州まで日本全国を周る。

ご訪問ありがとうございます!