記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本は素晴らしい国だけど、女性の地位が低すぎる。」

あるイスラエルからのお客様がおっしゃいました。


「日本は清潔だし、美しい自然もあるし、技術も発達しているし、便利だし、伝統文化も残っているし、食べ物もおいしいし、素晴らしい国だと思う。でも、ある1つの理由で、私はこの国に住みたいとは思わない。それは、女性の地位が低すぎること。」


何でも知り合いの方が数名日本人と結婚して日本に住んでいるとのこと。

それで「いかに日本で女性の地位が低いか」という話を散々聞かされたというのです。


例えば、パーティーに呼ばれた際など、欧米では夫婦同伴で出席するのが普通だけれど、日本では本人(男性)のみしか出席しないため、奥さんは招待してもらえないこと。

子育てしながらフルタイムで働きたいけれど難しいこと。

結果として、社会参加が阻まれ、孤立感を感じてしまうということなど。


民間外交官と言われる通訳案内士として、大抵のことはポジティブにフォローしますが、この問題に関してだけは、「残念ながら、その通りですね...。」としか言えませんでした。

何より日本人の私自身が、日々それを感じているからです。


世界経済フォーラム(WEF)の「男女格差報告」の2012年版によると、日本は対象となった135カ国のうち101位で、しかも昨年より落ちています。


先進国で、経済大国でもある日本が、この結果とは驚きです。
The Global Gender Gap Report 2012
http://www.weforum.org/reports/global-gender-gap-report-2012


単に「男女が平等でない」というだけでなく、ますます進む高齢社会において大きな経済的損失になっていることを、我々はもっと真摯に受けとめるべきではないでしょうか。


※この記事は、「やまとごころブログ」の中の筆者ブログ「英語、ときどきインドネシア語」にも掲載されたものです。

(掲載期間2012年10月~2016年5月) http://www.yamatogokoro.jp/sasayama/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

英語通訳案内士・篠山美智子

Author:英語通訳案内士・篠山美智子
英語通訳案内士。オーストラリア留学後、前職(日本語教育関係)でインドネシアとマレーシアに計8年滞在。2009年より通訳案内士専業。日本及び海外旅行会社の団体ツアー、個人旅行客(FIT)、企業のインセンティブ・ツアー、政府関係のプロジェクト等に就業。北海道から九州まで日本全国を周る。

ご訪問ありがとうございます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。