FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドのベジタリアン家庭料理

4回目のインド訪問は、ヒンディー語短期語学留学となりました。

4週間デリーにホームステイしながらヒンディー語の学校に通い、
その後ムンバイに移動し、1週間元お客様の家に滞在しながら観光しました。
語学学習者としても、観光客としても、とても勉強になりました。

これまでの3回はいずれも団体ツアーだったため、ホテル滞在でした。

それはそれで効率よく快適でしたが、今回はホームステイだったので「家庭料理」をいただく機会が多く、ツアーの食事との違いを知ることができました。

私はベジタリアンではありませんが、ホストファミリーがなぜか勘違いして私をベジタリアンと思っていたため、ベジタリアン料理を食べました。

でもそれがとてもおいしかったので、ベジタリアンでも物足りないということはなく、むしろ毎日の食事が楽しみでした。

6_food (3) 
ステイ先での食事

ホームステイ先での食事は、「カレー2品とごはんまたはロティ」が基本でした。
「豆カレー」が一品と、「野菜やキノコのカレー」が一品、という感じです。


6_food (4) 
ステイ先での食事


レストランなどではご飯とロティやナンがどちらも、あるいは3種類以上出てきたりしますが、家庭では好みや食欲によって、ご飯だけあるいはロティだけ食べたり、あまり食欲がない時はダールだけ食べたりしているようです。

私はあまり量が食べられないうえ、やはり「ごはん」がいいので、ごはんだけにしてもらっていました。


6_food (7)


こちら(上)は、一番お気に入りだった「マッシュルーム」のカレーです。

カレーといっても、スパイスを入れ過ぎず、塩も入れ過ぎず、やさしい味です。

右は「ダール」という豆カレーです。

ダールはインドの家庭料理に欠かせない定番料理ですが、これも豆や材料によっていろんな種類があります。


6_food (9) 


こちら(上)は、マッシュルームの次に好きだった「オクラ」のカレーです。(右上)

手前は「ジャガイモと玉ねぎ」のおかずです。薄いカレー味という感じです。

ジャガイモはよく使われていて、できたてのホクホクのジャガイモはいかにも家庭料理という感じでした。


6_food.jpg


11_SDA (18) 


こちら(上)は、「ライタ」というヨーグルトを使ったサラダです。
とてもサッパリしています。


6_food (5) 


こちら(上)はポテトサラダです。
味付けは塩と少量のスパイスという感じで、コリアンダーがまぶしてあるのでとてもあっさりした味です。


6_food (6) 


こちら(上)は、味のないドーナツという感じで、付け合わせです。


8_negi (2) 


8_negi (3) 


こちら(上)は、友人宅でごちそうになった家庭料理です。
同じくダールとジャガイモのおかず、生野菜、ごはんとロティとデザートでした。

デザートのお菓子はとても甘いです。
甘すぎて私はちょっとしか食べられませんが、シンプルで素朴な味のものが多いです。


5_school (19) 
ホームメイドのサモサ


ムンバイでは、元お客様の家を一軒ずつ訪問し、ごちそうになるという贅沢な経験をさせていただきました。

ちょっと台所に入れてもらって、料理を作るところを見せてもらったりもしました。 


28379492_10211147781318878_5101537254211251879_n.jpg 


28167829_10211147777638786_4080733968287432709_n.jpg 


料理(昼食)もとてもシンプルでしたが、おいしかったです。


28059499_10211147783318928_3141451862504566217_n.jpg


こちらの家では、ヨーグルトも自家製で作っているそうです。


26815037_10211147783358929_426101190310033281_n.jpg 
自家製ヨーグルト(手前)


ムンバイでは、ジャイナ教徒のお客様の家でごちそうになったため、全てジャイナ教徒向けの料理でした。つまり、「ベジタリアン」の料理に加えて「にんじん、ジャガイモ、玉ねぎなどの根菜」は使わない料理です。

でも、ジャイナ教徒の中にも戒律を厳しく守る人と、比較的緩い人がいて、ベジタリアンは共通ですが、「根菜は食べる」という人もいます。


28660856_10211175168203533_1093294614389383060_n.jpg 
パコラ(インドの天ぷら)
※玉ねぎなど根菜も使われているもの。

また、定番のダールやカレー、ごはんだけでなく、バラエティーにとんだ料理があります。


28276941_10211175168763547_4045001677447334290_n.jpg 


パニ・プリ(上)は、中が空洞になったギョウザの皮のようなものの上側を割って、中に具を入れて食べます。


28377853_10211175169643569_5694673063122219628_n.jpg 


こちら(上)はハンバーグのように見えますが、もちろんベジタリアンです。ソースがタコ焼きソースのような甘いものでした。これもパニ・プリと一緒に食べると美味でした。


28280013_10211175169123556_2750423556645961179_n.jpg 


こちら(上)は、パニ・プリと同じ外側ですが、具にヨーグルトなどが使われていて、サッパリとした味です。


28378592_10211175167483515_2969833462537982479_n.jpg 


これも似た食べ物ですが、カラフルでミニお好み焼きのようです。(味は違いますが)


29314561_10211335670936001_3681042664960032768_n.jpg 


こちら(上)は、インド風ピザ。ソースにハーブとスパイスがきいていて、あっさりしています。


28378355_10211175170043579_5175114125251581670_n.jpg 


こちら(上)は、米から作ったパンのようなもの。


28377515_10211177895991726_4592076866329369033_n.jpg 


29314797_10211335671336011_268120733681451008_n.jpg 


こちら(上)は、ある日の昼食です。


29342411_10211335670055979_4549899589569740800_n.jpg 


こちら(上)も、ある日の昼食です。


 29342455_10211335671616018_6025762811899019264_n.jpg


口直しもいろいろあり、上のようなハーブサラダのようなものもあれば、下のようなドライなものもあります。


28468114_10211192425194947_5252741913419420502_n.jpg 


こちら(下)はハンバーグのようなもので、ヨーグルトやハーブ、ソースをかけて食べます。


29314055_10211335670655994_3718319815698415616_n.jpg 


スナック菓子ももちろんたくさんあり、食事の前後に大量に出てきます。


28576628_10211192422954891_3770669007018589433_n.jpg 


インドではあまり「作り置き」をしないということを前にも書きましたが、

  インド人の「食べ物の新鮮さ」に対する感覚

デリーにいる時は、数日に一度野菜を自転車で売りに来るおじさんがいました。


11_SDA (27) 


11_SDA (21) 


11_SDA (26) 


またムンバイでは、市場にも行ってみました。
新鮮な野菜をはじめいろんなものがところ狭しと並べられていました。


DSCN5806.jpg 


DSCN5807.jpg 


DSCN5802.jpg 


今回ご紹介したものは、全て「ベジタリアン料理」です。
これもほんの一部で、インドにはたくさんのベジタリアン料理が全国にあります。

ベジタリアンではない私が5週間ほぼ毎日食べ続けても、「物足りない」と思うことはないぐらい、ボリュームのあるバラエティーにとんだ料理の数々に驚きました。

また、インド料理は「カレー」だけではないこと、
必ずしも脂っこい食べ物ばかりではないこと、
日本のレストランで定番の「カレーとごはんとナン」という組み合わせだけでもないこと、

など、改めていろんな発見がありました。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

英語通訳案内士・篠山美智子

Author:英語通訳案内士・篠山美智子
英語通訳案内士。オーストラリア留学後、前職(日本語教育関係)でインドネシアとマレーシアに計8年滞在。2009年より通訳案内士専業。日本及び海外旅行会社の団体ツアー、個人旅行客(FIT)、企業のインセンティブ・ツアー、政府関係のプロジェクト等に就業。北海道から九州まで日本全国を周る。

ご訪問ありがとうございます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。