FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハラル認証」よりも「食材表示」を

インドネシアの旅行会社のファムトリップを担当しました。

各地の自治体の方の話で気になったのは、

「ハラル認証取得数が多い=ムスリム受け入れが進んでいる自治体
 というイメージを持たれる傾向がある。
 しかし、ハラル認証を取るには手間や費用がかかるので抵抗がある施設が多く、
 対応が進まない。」

ということです。


一方お客様とツアー中に話したことは、

「ハラル認証がなくても食材表示が明確なら何も問題ない。」

「イスラム教国ではない日本でそこまで厳格な対応を求めてはいない」

とのこと。


22045905_10210076139128493_170270225858719718_n.jpg 
某ホテルに置いてあった「サンバル(チリソース)」


「ハラル認証」を取得していわゆる「ハラル・マーク」を表示することは、多くのイスラム教徒にとって安心であるのは確かかもしれません。

しかし、インドネシアでも中華料理レストランなどでは

「NO PORK」

の表示がされていて、

「HALAL」

の表示は必ずしもありません。

これは過去の記事にも書いた通りです。

    「ハラル」でなくても「NO PORK」でいい


21687858_10210075915162894_5817218578778499794_n.jpg 
あるレストランの醤油を使わないウナギのかば焼き


日本では、逆に「ハラルマーク」を表示することで

「他のものがハラルでない」

という印象を持たれてしまい、
マークがついているものしか売れないという現象も起こっています。


以前マレーシアのマハティール元首相による

「ハラルとは」

というお話を拝聴したことがありますが、

「HALAL」とは

「人間の体にとっていいもの」

という意味で、

日本には、ハラル認証はされていなくても、もともと体にいいものがたくさんある

というお話でした。

食べ物だけでなく、清潔であることや、文化や生活習慣も含めてという意味です。


お客様には

「日本のウォシュレットはHALALだ」

とおっしゃった方もいました。


21766675_10210083394509873_62644356986873271_n.jpg 
和風の礼拝室(レストランにて)


また、このところイスラム圏の観光客ばかりが強調される傾向があり、観光客受け入れの観点から

「公平ではない」

対応が多いとも感じています。


例えば、インド系のヒンズー教徒やユダヤ教徒など

「宗教上の食事制限のある方」

以前から既に多数日本に来られています。

残念ながら、まだまだ対応は十分でなく、ベジタリアンの方が食べられるのが

サラダとフルーツだけ

というようなこともよくあります。



また、アレルギーが原因で食事制限がある方もいます。

アレルギーについては、外国人に限らず日本人もいます。



これらの方々には全く対応がなく、

「イスラム教徒には対応し歓迎する」

というのでは、公平ではありません。


21768292_10210076140088517_5538660953106883237_n.jpg 21687797_10210076140648531_1890335409178055731_n.jpg
あるホテルのイスラム教徒向け料理


国によっては宗教の対立が複雑な問題になっている国もあり、反感を買うこともあります。

実際、インドネシアもそうですが、あるお客様が、

「なぜイスラム教徒ばかり特別扱いして優遇するの。おかしい。」

と言っていました。

宗教というのは、実はかなりセンシティブな問題です。


では、どうすればいいのでしょうか。



私の意見では、

「ハラル認証よりも食材表示を徹底する」

方がよいのではないかと思います。

外国語での表示が大変であれば、

「ピクトグラム」

を使う方法もあります。


そうすれば、イスラム教徒のみならずヒンズー教徒やユダヤ教徒など宗教上の理由の方、ベジタリアン、アレルギーの方などに

公平に一斉に対応する

ことができます。


21768262_10210095769539241_3137539196696030830_n.jpg 
あるホテルの食材表示の例


既にピクトグラムなどを使った食材表示をされているホテルやレストランも全国でいくつか見たことがありますが、残念ながら多くはなく、また肉、魚、アレルギー等の全ての主要食材について表示がされているところはまだまだ少ないのが現状だと感じています。


レストランによっては、

「手間がかかり過ぎてできない」

「無理」

と言われてしまうことも多いです。が、

「自分で書いてみました」

「自分で絵をかいてみました」

「パウチっこで作りました」

とすぐに対応してくださるところもあります。


そこまで丁寧にしなくてもいいけれど、
というぐらい丁寧にしてくださるところもあったりします。


日本人ができないわけはないと、私は思っています。

むしろ、やるとなれば完璧にやろうとする日本人ですので、こういうことは得意なはずだと思っています。


逆に「完璧主義」がネックになっている場合も少なくないようです。

手間やお金がかかるということで、あきらめたり避けたりする場合もあると聞きます。



上にも書きましたが、イスラム教徒のお客様も含めて外国人観光客は、
そこまで完璧な対応を求めてはいません。

ただ、

「日本でおいしいものを安心して食べたい」

だけなのです。

イスラム教徒でも、
日本に来たらラーメンやお好み焼きを食べたい
のです。


また、イスラム教徒だけでなく、ヒンズー教徒でもユダヤ教徒でも、やはり

「日本でおいしいものを安心して食べたい」

だけなのです。


お客様目線で何を求められているかを考えて、できるところから始めてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

英語通訳案内士・篠山美智子

Author:英語通訳案内士・篠山美智子
英語通訳案内士。オーストラリア留学後、前職(日本語教育関係)でインドネシアとマレーシアに計8年滞在。2009年より通訳案内士専業。日本及び海外旅行会社の団体ツアー、個人旅行客(FIT)、企業のインセンティブ・ツアー、政府関係のプロジェクト等に就業。北海道から九州まで日本全国を周る。

ご訪問ありがとうございます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。