記事一覧

「緑茶」を飲まない理由

厳格なベジタリアンで信仰深いインドの方々のグループをご案内しました。

多くのインド人ツアーではインド料理のレストランで食事をしますが、このグループは

「外食をしない」

ということで、レストランの食事ではなく、自分たちで買い出しに行って作って食べるという形になりました。



それだけでも驚いたのですが、京都での「お茶体験」

「お茶を飲まないので見るだけ」

でした。つまり、

「先生のお点前を見学するだけで、実際にお茶は飲まない」

ということでした。


maccha 
お茶体験のイメージ
※本文に直接関係はありません。


「お茶」までダメというのはこれまでになかったので、これは相当厳しいなあと思いましたが、

理由が気になるので直接お客様に聞いてみました。すると、





「お茶に含まれている『カフェイン』がよくない」

とのこと。さらに、

「toxicなもの、つまりカフェインやアルコール、タバコなど体に有害な作用を与えるものはとらない」

ということでした。

コーヒーや紅茶も同じです。



ですので、これは「ベジタリアン」だからというよりも、もっと広い意味の理由があったわけです。

もちろん厳格なベジタリアンでもあるので、出汁も含めて肉魚類は一切取らないし、土の下になる根菜も食べません。



ちなみにこの方々の住むグジャラート州マハトマ・ガンジーの出身地でもあり、
今でも「アルコール禁止」です。


それにしても、ストイックな方々です。

また

「ベジタリアン」

「ベジ」

の概念が変わりました。

一般の日本人にはここまで厳密な食べ物に対する感覚はないので、注意が必要です。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

英語通訳案内士・篠山美智子

Author:英語通訳案内士・篠山美智子
英語通訳案内士。オーストラリア留学後、前職(日本語教育関係)でインドネシアとマレーシアに計8年滞在。2009年より通訳案内士専業。日本及び海外旅行会社の団体ツアー、個人旅行客(FIT)、企業のインセンティブ・ツアー、政府関係のプロジェクト等に就業。北海道から九州まで日本全国を周る。

ご訪問ありがとうございます!